専門医による便秘の治療

専門医により便秘の治療が行われる動きは、活発なものとして見受けられているのではないかと考えられています。特に慢性的な便秘に苦しむ人に対しては、様々な観点から治療が行われており、専門医の治療を受けたいと考える人も増え始めているのではないかと思います。

昨今は本格的な便秘の改善に繋がる治療の在り方が、様々な方面で見受けられているのではないかと考えられているため、医師が便秘を改善することに多いに貢献しているとみられています。幅広い年代の便秘の患者に対し、このような専門医による治療が展開されてきていると認識されています。

便秘の治療についての実績を多く挙げる専門医は、近年複数の病院において見受けられています。そのため、便秘を効果的に改善したいと希望する人などは、そのような医師のもとを訪れて治療を受けていると推測されています。

便秘の症状の特徴を的確に把握して、処方する薬を決めたり治療の方法を決定したりすることが、このような専門医により実践されているのではないかと考えられています。専門的な知識を持つ医師によって便秘の治療が展開される動きは、これからも活発に見受けられ続けていくのではないかと予測されています。腸内環境を整えるには

頑固な便秘を納豆で解消しました

10代の頃に頑張ってダイエットをしてからというもの、ダイエット自体は成功したのですががその代わりに便秘に悩まされるようになってしまいました。あまり運動が好きでなかったこともあってかなり厳しく食事制限をしていたのでそのせいで便秘体質になったのだと思われます。

お通じがない期間は一週間出ないことも当たり前で、時には10日以上ないこともありました。お通じはなくてもお腹は空くので食事は普通に一人前を食べるのですがお腹にたまっていく一方なのでお腹はどんどん張っていくばかり…スカートやパンツのホックは止まらないくらい下っ腹が出てしまうことも珍しいことではなくて見た目も良くないし何より苦しいので本当に毎日が憂鬱でした。

それでも下剤は体に悪いような気がしてどうしても使いたくなかったので便秘に効果のあるお茶や漢方、体操など色々な方法を試しましたがどれも効果を感じられず、お腹が痛くなるだけということもよくありました。

自分ではもうどうしようもないと感じ母に相談したところ納豆をすすめられて毎朝食べるようにしたところ二週間過ぎたあたりで少しずつ便意を感じることが増えていき、自然なお通じがくるようになりました。何をしても解消されなかった頑固な便秘が納豆を食べるだけで解消したことには本当に驚きました。便秘に悩んでいる方がいましたら下剤などに頼る前に是非納豆を試してみて欲しいです。善玉菌を増やすには

男性の便秘を解消する方法

女性だけではなく、男性も便秘になりやすくなっているので、生活習慣から見直すようにしましょう。 まず、忙しい男性や独身の男性は自炊することが難しくなるため、冷凍食品やコンビニ弁当、インスタントに頼りがちです。ただし、それらの食品は食物繊維が極端に少なくなっているため、便秘に陥りやすくなるのです。便秘にいつも悩んでいる男性は、野菜の摂取を多めにしてみましょう。

できる時間を見つけて簡単な食事を作るだけでも、便秘の解消には効果的になりますが、どうしても食事を作る時間がない人は、野菜ジュースやサラダを積極的に食べることにより、便秘の悩みを解消しやすくなってきます。野菜を食べることで、食物繊維を摂ることができ、悩みの便秘を解消しやすくなるでしょう。

さらに、男性は、夜ご飯の代わりにお酒で済ませてしまうこともありますが、お酒だけ飲んでも腸内の老廃物の量が減り便秘になりやすくなります。お酒を飲む時には、おつまみを食べるように工夫を行ってみてください。おつまみの中でも野菜のお浸しや枝豆は、食物繊維も豊富になっており便秘の解消に役立てることができます。 毎日お酒だけ飲んで寝てしまう人は、おつまみを食べるようにしてください。腸内環境を整えるには

私のペット達

私はたくさんのペットを飼っています。犬に、鳥、ネコ……昔はヤギも一頭飼っていました。犬はもらってきたのですが、鳥は怪我をしていたところを助け、ネコは捨て猫を拾ってきました。ペットは私を癒してくれます。私のペットの犬の名前はシロと言います。シロとはもう十年の付き合いです。私が悩んだり、親に怒られたりして、家に居たくない時は必ずシロの元に行きます。

私が「今日部活が上手くいかなくて…」「お母さんってひどいよね。」などのように、シロに愚痴を言ったりすると、そのときは行儀良くお座りをして話を聞いてくれて、泣いていると肩に手を置いてきて、まるで慰めてくれているみたいなのです。十年以上の付き合いになると、私の考えていることがわかるのでしょうか。シロは私には必要不可欠で、兄弟のような存在です。

シロは、家にいるのが一番長く、他の動物達と比べると最年長です。だから、ネコも、鳥も、シロに甘えています。ネコと鳥、ネコと犬は仲が悪いとよく聞きますが、私は本当にそうなのかなぁ?と少し疑問に思ってしまいます。シロが穏やかだからでしょうか。逆にネコのこたろうは、マイペースで、暢気です。目の前に明らかに好きそうな獲物がいるのに、まったく動かないときがあります。いつも日向ぼっこをしていて、細い目をより細くしています。

シロとは正反対です。鳥のピー子は、話していても、食事の時間になったら必ず帰ってきます。でも、外は外的が多いので、あまり外に出て欲しくないんですけどね……。私はペットが大好きです。

あるとき飼った猫について

相当前の話になるのだが、自分は実家でネコを飼っていたことがある。ただし、ペットという
意識はなかなか生まれなかった気がする。というのも、ふいにうちの家にやってきて餌をせがんで親が同情をかねて飼いはじめたのだが、犬と比較するとやはり頭がいいのか、来たいときに来て遊びたいときはずっとどこかに行ってしまうという感じだった。ペットというと上下関係があるようなイメージだが、そうではなくてすーっと家族の一員になったような感じだった記憶がある。

あるとき、冬だったろうか。家の中のどこかで寝ていたらしく、朝になるとしきりに自分を起
こしてきてなんだろうと思うとそのまま玄関のドアに直行して、こっちをみながら座って「俺
は外に出たいから早くドアを開けてくれ」って感じだった。

ネコだから、動物だから、ペットだからという意識でみていたせいか、そんな人間みたいな意
思表示ができるのかと驚いたものだ。非常に利口だという印象を受けた感じだ。彼はオスだったのだが、年をすでにとっていたのかとてもおとなしかったのを覚えている。なので当時押さなかった妹が喜んでなでたりしてかわいがっていた。

だが、あるとき調子が悪くなってしまったらしく妹と親が動物病院へ連れて行ったところ、周
りに多種雑多な動物たちを目の前にしてびっくりしてしまったらしく、彼はかごから飛び出し
て行方不明になってしまった。病院と自分の家は結構遠く離れていたので、心配になって探してまわったんだが全く見つけることができなかった。それでも彼は相変わらずどこかの家に住み着いて日向ぼっこをしているのかもと時折思う。

うさぎを飼い始めてもうすぐ3年

自分がうさぎ年なことと、以前に買っていたハムスターがお空に行ってしまったこともあり、うさぎを買い始めたのが2011年の1月でした。ちなみに、この年もうさぎ年でした。
耳が垂れているタイプの子がとても可愛くて、ホーランドロップという種類の雄うさぎをお迎えしました。
それからもうじき3年。とっても小さかったうさぎも、大変大きくなりました。
3年経って変わったことなど、この3年間を振り返りたいと思います。
まずは、先程も書きましたが本当に大きくなりました。
調べてみると、大きくなりやすい種類のようで、友達などが遊びに来ると「あそこにいるの、うさぎ?」と問いかけられます。
一見すると、うさぎに見えないようです。
大きい分パワーもあるので、爪切りをきちんとさせてくれません。
あとは、これもあとから調べて知ったのですが、うさぎというのは生殖活動が盛んで、野生のうさぎは常に子供を産んでいるような状態らしいのですが、ペットで一匹飼いしていても、もちろん発情期はきます。
そこで、何に盛るのかと思ったら、飼い主の手に盛ってくるようになりました。
餌を入れたり掃除をしようと、ケージの中に腕を入れると、乗っかってこようとするのです。
どうやらこれは、舐められているせいでもあるようで、この3年間で私は餌をくれる人と舐められてしまったようでした。
抱っこの大嫌いなマイペースなうさぎさんですが、なんだかんだで可愛いやつです。
うさぎの寿命は約10年、まだまだ元気でいてほしいものです。

ペットは家族の一員です

私は小学生三年生の頃に、どうしても犬が飼いたくて親にお願いしました。その願いが叶って、ペットショップに行き、どの犬がいいか見て回りました。

私は白っぽくて人懐っこい柴犬に決めました。名前はかなり迷いましたが、ハニーと名付けました。

今までペットは飼ったことがなかったので、犬を飼うのも世話をするのも初めてでした。 主にお母さんが犬の世話をしてくれましたが、私も餌をあげたり、お散歩に連れて行ったりしました。 最初はどうやって世話をしていいのか、家族みんな戸惑っていましたが、犬を飼うということにすぐに慣れていきました。

うちの犬は餌を食べるときにおすわりしか出来ませんでした。 お手はたまにしますが、もっといろいろな芸を教えておけばよかったかなぁと思いました。 それにだんだん凶暴になっていき、自分が一番地位が高いと思っていたのかもしれません。 やはりしつけをするのは大事なことなんだなぁと思いました。

うちの犬は17歳まで生きました。最後の方は、次第に歩けなくなってきて、やせ細っていきました。

それでも17歳も生きたので、犬としては長生きしたほうでした。 衰えていく犬を見て、なんだか悲しくなりました。 たかがペットかもしれませんが、17年間も一緒に生活してきたのですから、ペットも大事な家族の一員なんだなぁと、何度も実感しました。

犬がいなくなってからは、なんだか物足りない感じがしました。毎日餌をやっていたのも、毎日の散歩もなくなってしまいました。でもペットを飼うということで、いろいろ学んだり感じたりすることが出来ました。いい経験をさせてもらいました。
プリンシプル ドッグフード