ペットは家族の一員です

私は小学生三年生の頃に、どうしても犬が飼いたくて親にお願いしました。その願いが叶って、ペットショップに行き、どの犬がいいか見て回りました。

私は白っぽくて人懐っこい柴犬に決めました。名前はかなり迷いましたが、ハニーと名付けました。

今までペットは飼ったことがなかったので、犬を飼うのも世話をするのも初めてでした。 主にお母さんが犬の世話をしてくれましたが、私も餌をあげたり、お散歩に連れて行ったりしました。 最初はどうやって世話をしていいのか、家族みんな戸惑っていましたが、犬を飼うということにすぐに慣れていきました。

うちの犬は餌を食べるときにおすわりしか出来ませんでした。 お手はたまにしますが、もっといろいろな芸を教えておけばよかったかなぁと思いました。 それにだんだん凶暴になっていき、自分が一番地位が高いと思っていたのかもしれません。 やはりしつけをするのは大事なことなんだなぁと思いました。

うちの犬は17歳まで生きました。最後の方は、次第に歩けなくなってきて、やせ細っていきました。

それでも17歳も生きたので、犬としては長生きしたほうでした。 衰えていく犬を見て、なんだか悲しくなりました。 たかがペットかもしれませんが、17年間も一緒に生活してきたのですから、ペットも大事な家族の一員なんだなぁと、何度も実感しました。

犬がいなくなってからは、なんだか物足りない感じがしました。毎日餌をやっていたのも、毎日の散歩もなくなってしまいました。でもペットを飼うということで、いろいろ学んだり感じたりすることが出来ました。いい経験をさせてもらいました。