うさぎを飼い始めてもうすぐ3年

自分がうさぎ年なことと、以前に買っていたハムスターがお空に行ってしまったこともあり、うさぎを買い始めたのが2011年の1月でした。ちなみに、この年もうさぎ年でした。
耳が垂れているタイプの子がとても可愛くて、ホーランドロップという種類の雄うさぎをお迎えしました。
それからもうじき3年。とっても小さかったうさぎも、大変大きくなりました。
3年経って変わったことなど、この3年間を振り返りたいと思います。
まずは、先程も書きましたが本当に大きくなりました。
調べてみると、大きくなりやすい種類のようで、友達などが遊びに来ると「あそこにいるの、うさぎ?」と問いかけられます。
一見すると、うさぎに見えないようです。
大きい分パワーもあるので、爪切りをきちんとさせてくれません。
あとは、これもあとから調べて知ったのですが、うさぎというのは生殖活動が盛んで、野生のうさぎは常に子供を産んでいるような状態らしいのですが、ペットで一匹飼いしていても、もちろん発情期はきます。
そこで、何に盛るのかと思ったら、飼い主の手に盛ってくるようになりました。
餌を入れたり掃除をしようと、ケージの中に腕を入れると、乗っかってこようとするのです。
どうやらこれは、舐められているせいでもあるようで、この3年間で私は餌をくれる人と舐められてしまったようでした。
抱っこの大嫌いなマイペースなうさぎさんですが、なんだかんだで可愛いやつです。
うさぎの寿命は約10年、まだまだ元気でいてほしいものです。